話題

はじめての数字油絵が完成!シロウトなりの塗り方とコツを紹介します!

ちょっと話題になっている?数字油絵に初挑戦し、そしてついに完成しました!

芸術センス0!小学生の頃の図工の成績最悪の私(←超どシロウト)でも、一応、油絵作品を完成させることができたわけです。

・・・ぶっちゃけ、チョー面白かったです♬

ここでは、数字油絵作品が完成するまでを紹介させていただき、

油絵初挑戦のシロウトなりにわかった数字油絵の塗り方とコツを紹介させていただきます。

Do it yourself(DIY)!!

数字油絵をやってみたい方は、是非チャレンジを!(笑)

 

スポンサーリンク
PeachyShop楽天市場店

数字油絵を購入!

油絵の専門家だったり、プロの方は別として、

油絵とかやったことのない方でも、油絵をやってみたい(←私のように)とお考えの方はいらっしゃるはず。

そんな油絵シロウトの人が、気軽に油絵にチャレンジできるのが数字油絵ではないでしょうか。

 

数字油絵をやるには、数字油絵のキットを購入するのが一般的だと思います。

このブログの過去記事でも紹介していますが、ネットで購入できます。

数字油絵キットの購入方法の例

私もちょっとチャレンジしてみたかったので、ネットで購入しました。

 

・・・ただ、通常とちょっと違うのは、

自分の持っている写真を数字油絵にしてくれる

という数字油絵キットの購入をしてみました。

数字油絵のキットは、すでに原画が描かれているものを販売しているものが多いのですが、

画像データを送って、それを数字油絵の原画にしてくれるという購入をしてみました。

そして、その数字油絵のキットが届いたわけです。

↑こんな感じで届きました!開けます!

↑包装をといてみると、こんな感じでパッケージしてあります。

↑パッケージもといてみると、

ああやっぱり、ネットでみたように、原画と数字が指定されている具材などが出てきたわけです。

ちょっと感動(笑)

いざ!人生初の油絵(数字油絵ですけど笑)開始です!

 

スポンサーリンク
PeachyShop楽天市場店

 

はじめての数字油絵開始!

原画はこんな感じです↓。

・・・家族写真を原画にしてもらったので、ちょっとちっちゃめの画像ですみませんm(__)m

数字の書かれている部分を拡大してみると↓

↑と、写真データを原画にして、どの色を塗れば良いのか数字がふられているんです。

指定どおりの色を付けていくわけですね。

開始しして1週間ほどでこれくらい↓。

初めての油絵でしたので、塗り方もコツも全くわかりません(笑)

・・・おそらく、数字に指定の色を付けていけばいいんだろうと・・・(笑)

できるかぎり同じ数字を塗っていくことに心がけましたけど。

 

2週間でこれくらいになりました↓

↑・・・ただひたすらに、塗っていきます・・・一心不乱と言いましょうか・・・。

この段階で、すでに失敗もして、塗り方やコツもなんとなくつかめてきました。

 

そして、約1ケ月で完成!

↑大きさはだいたいA3サイズで、毎日ではありませんでしたけど、時間のあるときに色を付けて、無事完成しました(笑)

家族写真ですので、あまり拡大できないです、すみませんm(__)m

近くでみると、絵具の塗り方にムラがあり、ぶっちゃけ!下手です(笑)

でも、さすが油絵だけのことはありますよね、遠目から眺めてみるとそれなりの仕上がりです(笑)

 

繰り返しますが、当方は芸術的なセンスはなし!小さい頃から図工や美術は大の苦手でした。

けど、そんな私でも、数字油絵であれば、それなりの作品が出来上がりますし、

完成したときの達成感!(疲労感?笑)も十分に味わうことができます。

 

以上、私の初めての油絵(数字油絵)は、

購入から到着まで約1か月、制作に約1か月、計約2か月という道のりでした(笑)

今回の数字油絵で一番楽しかったのは、

「自分の写真が油絵になった」

ということですね。

一般的に販売されている数字油絵は、原画が固定?設定?されているものを購入することが多くなりますが、

私が購入したのは、手持ちの写真やデータを原画にしてくれるという商品でした。

これは絶対におすすめです!

私のようなシロウトで、油絵をやってみたい方には、数字油絵はおすすめです。

 

スポンサーリンク
PeachyShop楽天市場店

 

数字油絵の塗り方とコツ

そして、初めての数字油絵でしたので、塗り方やコツ(シロウトなりの)も掴むことができましたよ。

先に、塗り方やコツをまとめておきますと、

  1. 絵具はたっぷり使う!
  2. 数字を忘れるな!

↑この2つです。

 

この油絵が完成したときに、かなりの絵具が余ってしまいました(笑)

やはり、油絵ですので、絵具をしっかりと塗るという塗り方をしたほうが出来栄えがよくなりますね。

私の場合、通常の絵画のように?失敗が怖くて、うすーく色を付けていくという塗り方をしていました。

ところが、絵具が乾くと、キャンバス布にしみこむ?ので、布の白い部分が目立つんですよ。

ですので、色を付けていくときには、たっぷりと絵具を使うという塗り方をしたほうが良いですね。

まぁ、色の薄い部分は重ね塗りをすれば良いんですけど・・・。

 

その重ね塗りのときに困ったのが、色を付ける部分の「数字がわからなくなる」ことです。

数字油絵ですから、数字の部分に指定の色を付けていくんですが、

先に数字の部分を塗ってしまうと、

後で色を付けようと思ったら、数字が分からなくなって、何色だったかわからなくなるんです(非常に似ている違う色もありますので)。

ですので、

「原画を写真撮影しておく」「数字の部分は塗らないでおく(一番最後に色をつける)」などの方法で、

数字を忘れないということはかなり大事で、数字油絵のコツということになります。

 

もちろん、この塗り方とコツについては、初めて油絵をやってみたシロウトの経験に基づくものですので、ご参考程度に。

はじめての数字油絵で、塗り方とコツをつかみましたので、

次の数字油絵では、この経験を生かしたいと思っています(やるかどうかはわかりませんけど笑)。

 

スポンサーリンク
PeachyShop楽天市場店

 

まとめ

以上、ここでは、はじめての数字油絵と、はじめての経験で知った塗り方やコツを紹介しました。

くれぐれも、塗り方やコツにつきましては、シロウトがはじめてやって実感したことですので。

数字油絵、ナンバーペイントに挑戦してみたい方、やってみたい方の参考になればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク
PeachyShop楽天市場店